厚生年金保険って何?基本の知識と控除の受け方を解説します!

社会保障制度

 

「厚生年金保険ってなんだろう?」

 

そんな素朴な疑問、持っていませんか?

 

年金制度そのものは、社会科や公民の授業で習ったことがあるかと思います。

(え?記憶のかなたですって?)

 

「そう言えば年金手帳って持ってるなー」

「働いて納めた年金より将来もらえる年金の方が少ない『年金問題』ってあったなー」

 

なんてイメージする人も多いのではないでしょうか。

 

今回は会社員として知っておきたい知識「厚生年金」について紹介します。

 

後輩に聞かれても、この記事を読んでおけばサラっと答えられるようになること間違いなしです。

 

ぜひ最後までお付き合いください。

 

厚生年金保険の基本のしくみ

 

厚生年金保険とは、社会保険の1つです。

 

企業に勤めている方や、5人以上の従業員がいる個人事業所に勤めている方は基本的に加入義務があるのです。

 

 

けいいち
けいいち

ゆうこさん、厚生年金保険ってどうしても天引きされないといけないんですかね?

毎月給与から引かれてるけど、何なのか実はよくわかっていないんですオレ・・・。

 

ゆうこ
ゆうこ

厚生年金は将来の生活に関わるとても身近な制度なのよ。

いい機会だからわかりやすく説明するわね。

 

けいいち
けいいち

そうなんですね。

ぜひお願いします!!!

 

厚生年金保険の解説をするには、日本で運用されている「公的年金制度」を理解する必要がありますので、まずはここから説明していきますね。

 

公的年金制度は、日本の社会保障制度のひとつで、全国民(20歳以上60歳未満)が加入しなければいけないものです。

 

老後生活のためや、障がいを抱えるなどの不測の事態に陥った時のために国民の生活を保障するための制度です。

 

年金保険料を支払うことで、歳を取って働くことが難しくなったときや、障がいを抱えて働くことが困難になったときに年金を受け取ることができます。

 

公的年金制度には、現在下記の2種類があります。

  • 国民年金(基礎年金)
  • 厚生年金保険

 

次で詳しくみていきましょう。

 

厚生年金保険の基本を知るには、種類を知ろう!

 

厚生年金保険とは、会社員や公務員などが加入する年金保険です。

 

2種類の公的年金のうち、厚生年金保険は「2階建て」と表現されることが多いのです。

 

まず「1階建て」と表現されるのは、「国民年金」です。

 

基礎年金という名前の通り、国民全員が加入をしなければなりませんが、加入者は年金を受け取ることができます。

 

それに対して「厚生年金保険」は、会社員や公務員などが国民年金に上乗せする年金となります。

 

ゆうこ
ゆうこ

上乗せの部分が「2階部分」として広く認識されているのよ。

 

けいいち
けいいち

だから2階建てって言われるんですね!

支払う年金保険料は増えますが、もちろん受取金額も国民年金分に追加されて支給されることになります。

 

厚生年金保険の基本!控除と保険料の金額について知ろう

 

厚生年金保険の支払いは、基本的に給料から社会保険料として控除されています。

 

毎月給与から天引きされていて、会社が保険料を支払っているため、従業員本人がなにか手続きをする必要はありません。

 

また、気になるのは厚生年金保険料の金額です。

 

どれほど支払っているのでしょうか。

 

それは、給料の金額によって決まります。

 

現在の算出方式は以下です。

 

「厚生年金保険料=標準報酬月額×保険料率」

 

標準報酬月額とは、社会保険料を決定するための金額です。

 

給料などの月額を区切りよく等級に分けており、月額幅によって標準報酬月額も変動します。

 

保険料率は、現在18.3%が設定されています。

 

しかし、厚生年金保険料の支払いは事業主と被保険者が折半することになっているため、実際に払うのは9.15%分なのです。

 

つまり標準報酬月額の9.15%分が、天引きによって控除されているというわけです。

 

けいいち
けいいち

自営業の人は、厚生年金保険料って全額自分で払わないといけないんですか?。

 

ゆうこ
ゆうこ

その通り!

会社員の厚生年金保険料は、半分は会社が支払ってくれているのよ。

そういった部分では会社員でいることのメリットの1つと言えるわね。

 

 

厚生年金保険の基本は理解したけど、どうやって受けるの?

働いている間に支払っていた厚生年金保険は、65歳になると老齢厚生年金として受け取ることができます。

 

受給金額は、厚生年金保険への加入期間と納付金額によって決まります

 

受け取りを開始するには、日本年金機構から郵送される案内に沿って、受け取る本人が手続きを行う必要があります。

 

基本的には65歳から受け取りを開始することが可能ですが、60歳から開始といった繰り上げや、反対に70歳からの開始というように支給開始時期を繰り下げることも可能です。

 

繰り上げ受給の場合は毎月の受け取り金額が減額され、繰り下げ受給の場合は反対に増額となります。

 

そのため、ライフプランに合わせた検討が必要です。

 

また、老齢厚生年金の他にも遺族厚生年金や障害厚生年金といった受け取り制度があります。

 

この制度は、保険料納付要件を満たしている場合に生計を立てていた被保険者が亡くなった場合や、一定基準以上の障害状態になった場合などに年金を受け取ることができるものです。

 

ゆうこ
ゆうこ

不測の事態に備えて、覚えておくと良いですね。

 

厚生年金保険って何?基本の知識と控除の受け方 まとめ

厚生年金保険は、会社に勤めている方にとって日々の生活と密接にかかわっている制度です。

 

老後や不測の事態の際に、安心できる生活を保障されています。

 

自身の納付機関や、受給要件など改めて調べてみて、将来プランを設計してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

それではまた次回!

 

カテゴリへ戻る

TOPへ戻る

 

タイトルとURLをコピーしました